こんな達人たちが待っています!

梅田 敏男(北アルプスネイチャーガイド)

皆さんこんにちは!私の本業は建築の設計ですが、10年ほど前からアウトドアガイドにのめりこみ中。春秋はおおまち古地図散歩ツアー。夏は12座席のボヤジャーカヌーに乗って透明度ナンバーワンの青木湖の水で実験ツアー。冬はカンジキを履いて氷点下の実験ナイトハイクツアーなど梅田が好きで得意なジャンルのガイドをしています。一度、大町市の特徴を体感してみませんか!次はアウトドアで地図読みゲームを模索中。

Mery(北アルプス学びと遊びの旅行社)

子どもの頃から鳥や植物が好きで、学生時代は南の島々に通いつめ、青年海外協力隊ではアマゾン熱帯雨林に関わる。愛媛で環境ESDの研究員をきっかけに農的生活や魚食にハマり、浜松では里山保全、棚田の援農、身近な生き物を「とって食べる」活動に没頭。 大町でも道端の草を食べたり、落葉樹林の生物を楽しむ日々。生き物たちの生き様や多様性、アーティスティックな形態を一緒に愛でに行きましょう!

橋本 拓(山仕事創造舎)

北アルプスの麓で林業(森をつくり木を活かす仕事)をしている「山仕事創造舎」の代表理事。山仕事の傍らで「somafの音」として音楽活動も行っています。
四季や時間帯によって様々な表情を見せてくれる森の美しさや楽しさを多くの人に知って欲しくて「伝える」事を始めました。森の中での体験はその瞬間だけでなく、時が経ってもふとした瞬間に蘇り、心の拠り所や支えになる事があります。
日々の生活では味わえない森の中での体験を、現役のきこりがお届けします。

渡辺 寛(きこりと木工)

きこりと、の「と」は、一緒にワークショップという意味があります。きこりの立場で「森を伝えたい木工」をスタイルにしています。林業のお話もします。山に行って、木を伐ったり、枝を拾ったり、その木を使って木工をしませんか? 
丸太から製材、のこぎりで切ったり、小刀で削ったり、紙やすりで磨いたりします。あなただけの素敵な作品を作りましょう。木のお皿、カッティングボード、スプーン、バードコール、小枝の色鉛筆、小椅子製作、など、私が丁寧にサポートします。
出来上がりの時、うれしい笑顔は間違いなし! 心よりお待ちしております。

小野 和歌子(Harmony Coffee)

観光とは光を観ること!私と出会ってくれた人の心に灯りをともすような明るく楽しい光で有りたい!
この雄大な自然を誇る大町で、大自然から頂く無償の愛の有り難さを感じて感謝を伝えています。森の中で、今ここでしかない大自然との調和を感じながら、その場で珈琲豆を焙煎して飲む格別の一杯の珈琲を味わう。その喜びとわくわくと楽しさを沢山の皆さんと分かち愛たい!と思っています。

荒山 里利(森林ガイド、俳人)

自称もののけ姫、他称は、やまんばと呼ばれています。長年のアウトドアライフが高じて、大町に移住。信州登山案内人、北アルプス山岳救助隊、大北林業研究グループ協議会会長などを通じて自然ガイドに従事。また俳句講座の講師として自然やくらしなどを17音という言葉に表現するなど多様でクリエイティブライフを実践しているところです。